加藤晃成

東京オリンピックへ。

加藤 晃成
豊橋東部中学校2年
(豊橋スイミングスクール所属)

「リオ五輪金メダリストの萩野公介の記録を破った男」が、ここ豊橋にいる。

彼の名は、“加藤晃成”。

豊橋東部中学校に通う中学2年生だ。

水泳を始めたのは3歳。水泳で全国優勝の経験を持つ父の影響で始めた。
小学生になると頭角を現し、小学3年生の時に初めて『ジュニアオリンピック』に出場。その翌年に50m平泳ぎで日本一に輝くと、その後は4種目で日本学童記録を塗り替えた。

これまでの国内大会で獲得した金メダルは14個。
中学生になった今でも、その成長曲線は留まることを知らない。

持ち味は、得意種目に限られる訳ではなく、クロール、バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎと、全ての泳法を得意としていること。それぞれの種目でも強いのだが、個人メドレーでこそ、真の力が発揮される。

ほぼ毎日、部活とクラブの両方で練習し、3キロから9キロを泳ぎ込む。

豊橋スイミングスクールで、幼い頃から指導してきた鈴木厚裕氏はこう話す。
「幼い頃から、彼は練習の虫。常に真面目に取り組んでいました。それが結果を結び始めているのだと思います。ただ、まだまだ発展途上。多くの経験を積んで、進化し続けてほしい」

東京五輪あいち強化指定選手として、ナショナル合宿にも参加。
9月にはウズベキスタンで行われる『アジアエージグループ選手権』に日本代表として出場予定。

加藤くんに話を聞いた。
「東京オリンピックはもちろん意識しています。ただ個人種目だけではなく、一緒に苦しい練習をやっている仲間とともに、リレー種目でも高みを目指したいです」

仲間とともに。

守るべき何かを持つ人間に、限界など存在しない。

三三九




広告募集
アイテックインターナショナル株式会社
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 牛川ドリームス
    牛川ドリームス平成15年に結成されたバレーボールチーム『牛川ドリームス』。牛川・鷹丘地区の子…
  2. 桜丘中学校硬式テニス部
    桜丘中学校硬式テニス部中学校のテニス部といえばソフトテニス部が多く、硬式テニス部のある中学校…
  3. 豊橋中学校軟式野球連盟豊橋選抜
    中学校軟式野球連盟豊橋選抜4年前から、豊橋中学校軟式野球連盟は、新チームのできる秋に市内の1…
永井海苔
からだコンディショニングラボ
夏目デザイン
プリントボーイ
ファルコ






PAGE TOP