章南Jr.バレーボールクラブ

みんなの声で
 流れを掴む。

章南Jr.バレーボールクラブ

改修工事を終え、4月から気持ち新たに練習する、章南Jr.バレーボールクラブへ取材に行った。

チームが一つとなって、意識していることは、ここ一番での声掛けだ。「いい時と悪い時の波が大きく、声掛けからチームの流れを引き寄せるような姿を目指してほしい。そのためには日ごろから挨拶と声掛けについて、自らが考え、積極的に行動をしていかなければならない」と監督の村井さんは話す。

キャプテンの山崎陽南さんも「いい流れの時はみんな実力以上のプレーができることもある。しかし悪い流れの時は自らが声を出してチームを引っ張っていきたい」話し、佐藤瑠衣さんは「自分が盛り上げるという気持ちで声を出していきたい。そして得意のサーブでチームを助けたい」、鈴木胡野珠さんは「チームの仲が良く、みんなでカバーしあえるチームだからこそ、みんなに声をかけて自分たちらしい試合ができるようにしたい」と話す。

ひとつひとつのプレーに対して一人一人が確実にやるべきことを遂行し、プレーの精度を高めていく。近年は全国大会に出場するチームが出るほど、市内のバレーボールのレベルは高く、上を目指すことは容易ではないが、チームを全員で盛り上げ、いい流れをキープして、上位進出を目指す。

そして村井さんは「勝ち負けだけではなく、高校生や大人になってもバレーを続けてほしい。そういった伝統をこのチームに作ってほしい」とメッセージを送る。

章南Jr.バレーボールクラブ

FALCO

広告募集
アイテックインターナショナル株式会社
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 吉田方中学校吹奏楽部
    吉田方中学校吹奏楽部吉田方中学校吹奏楽部には現在、36名の部員がいる。「明るく、元気よく、笑…
  2. アテナ豊橋FSC
    アテナ豊橋FSCアテナ豊橋FSCは、本格的に活動を始めて10年目となるフィギュアスケートクラブ。…
  3. 章南中学校 女子テニス部
    章南中学校 女子テニス部新人戦優勝、春の大会では、6人いる三年生の全3ペアがベスト8入り。夏の大…
あいゆう治療院
からだコンディショニングラボ
夏目デザイン
ローズ調剤薬局
フェニックス






PAGE TOP