三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス
 ダシルバ ヒサシ選手独占インタビュー。

三遠ネオフェニックス

今回は、浜松学院高校に在籍しながら、特別指定選手として、三遠ネオフェニックスに加入し、Bリーグ最年少出場記録を塗り替えた、ダシルバヒサシ選手にインタビューした。
ダシルバ選手は子供のころ、外で元気よく遊んだり、友達とゲームをしたりと、常に仲のいいメンバーと遊んでいたという。
子供のころの夢は意外にも、サッカー選手だった。4人兄弟の末っ子でお父さんも、上二人のお兄さんもサッカー部に所属していたため、バスケかサッカーかどちらにするか悩んでいた。今でもサッカー観戦が好きで、朝早起きしてネット配信で海外リーグの試合を観戦することもあるという。
バスケを始めたのは、小学校3年生の時。
3男のお兄さんがバスケをしていたことがきっかけで、どんどんシュートを決める兄の姿を見てカッコイイと思い、同じクラブチーム「シリウスクラブ」へ所属した。
一番印象に残っている試合は、小学校6年生の時に出場した全国大会の決勝戦。残り4秒1点ビハインドで迎えた最後の場面。ゴール下でボールを受けたダシルバ選手は、力みが出てしまい、最後のシュートを外してしまった。このシュートが入っていれば全国大会優勝だった。今でもこの悔しさを一番覚えているという。
中学校に進学してからも、クラブチームの練習へ参加。夜の時間帯は小学生だけではなく、高校生や社会人の人も参加し、一緒に練習を行っていた。インターハイで2位に入る強豪校でプレーしていたお兄さんやその仲間たちとともにバスケをすることで実践から、どんどん技術を吸収していった。

三遠ネオフェニックス
子供のころから憧れていた選手は、成田正弘選手。彼の会場を沸かせるような魅力あるプレーをずっと見ていて、まねをしたいと思っていた。
子供たちにアドバイスを聞くと、「経験者の方の話は競技に関係なくともしっかり聞いてほしい。後になってあの時言われていたことだと、自分に必要な言葉になることがある。今では、教えてもらえることすべてを吸収しようとしっかりと耳を傾けている」と話す。
最後に「来シーズンは少しでもプレータイムを伸ばして、自身のバスケットを見てもらいたい。他のスポーツをやっている子も是非一度バスケの会場にきてください。最近では、八村塁選手がドラフトで選ばれてNBAに注目が集まっているが、秋からはBリーグにも是非注目してほしい」と、来シーズンのダシルバ選手の活躍が楽しみだ。

三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス

広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. セントラル豊橋FCレディースユース
    セントラル豊橋FCレディースユース2012年に設立された『セントラル豊橋FCレディースユース…
  2. アズーリ豊橋サッカークラブ
    アズーリ豊橋サッカークラブ平成29年11月4日と5日に、豊橋総合スポーツ公園かもめ広場にて、…
  3. 日本拳法武藤会
    日本拳法武藤会藤ノ花女子高校日本拳法部のOB会で組織されている『武藤会』。会長を務めるのは、…
あいゆう治療院
エイブル
夏目デザイン
プリントボーイ
整体院Toyohashi






PAGE TOP