優勝は福江中学。連覇に期待!

WinterCup2019 第14回東三河中学軟式野球大会

WinterCup2019
第14回東三河中学軟式野球大会

12月8日(日)に滝頭公園野球場で田原野球協会主催のWinter Cup 2019東三河中学軟式野球大会が行われた。福江中学と新城中学の決勝戦の様子をレポートする。

福江中の引退した3年生は春から負けなしのチーム。その先輩のあとを追うように新人戦を制した福江中が本大会の優勝校。2回に先制点を奪われ新城中にリードを許したが、その裏に1点、その後4回に2点を返し、さらに6回で追加点、4対1で勝利した。「一つずつ勝利を重ねて、県大会を目指したい。そのために基礎や走力、メンタル面を鍛え、諦めない気持ちをチームで共有したい」と話すのはキャプテン津田透真くんとエースピッチャーの木村慶多くん。今回の勝利がまた自信に繋がったようだ。
3位の赤羽根中は泉中との合同チーム。中学の統廃合を見据え、この秋から一緒に戦っている。両チームのキャプテン光部聖矢くん(赤羽根)と小笠原暖人くん(泉)は、合同チームになったことでお互いに心強く感じているという。

WinterCup2019 第14回東三河中学軟式野球大会 仲谷税理士事務所

関連記事