リベラール豊橋FC

気づき、学び、そして成長へ

リベラール豊橋FC

GWに3日間かけて開催されたリベラールUー12フェスティバルにお伺いし、本大会の主催チームである、リベラール豊橋FCを取材した。普段は豊橋市内様々な校区で活動をし、全メンバー合わせて250名ほど所属している。
この日フェスティバルに参加していたメンバーはリベトレというセレクションで選ばれたメンバーで、各学年約24名で構成されている。試合に出たい子は選抜チームへチャレンジするが、そういった子だけではなく、ただサッカーを楽しみたい子もいる。レベルや興味に合わせ、自分に合ったサッカーが楽しめるところもこのチームの特徴だ。
選手たちが気づき、自ら学び、成長につなげていくことができるためにはどうアプローチしていくかが大事であり、クラブとして、いかに選手たちに刺激を与えられる環境や仕組みづくりをコーチたちで準備できるかということを常に考えているそうだ。
代表の黒川さんは「誰に勝ちたいと思うかが大事で、自分に勝ちたいという選手になってほしい。大会の結果はあくまで成長過程の一部で、自分に勝ちたいと思える人が社会に出てもやっていける」と話してくれた。そういった考えのもと、この日試合に出る選手たちは、自分たちでポジションを決め、普段プレーしたこともないポジションにもチャレンジしていた。小学生の時だからこそ、いろんな経験をして、自分の魅力にも気づいてほしいという。魅力は、武器となる。その武器が将来、戦える選手へと成長していく。

リベラール豊橋FC

個別指導Wam

桜丘中学校

広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 愛知豊橋リトルシニア野球協会
    愛知豊橋リトルシニア野球協会昭和55年に設立された硬式野球チーム『東三河リトルシニア』。…
  2. 章南中学校 女子テニス部
    章南中学校 女子テニス部新人戦優勝、春の大会では、6人いる三年生の全3ペアがベスト8入り。夏の大…
  3. リコプエンテFC
    リコプエンテFC5月4日フガールエスタディオ石巻で行われたフットサル大会に大人と混ざってエントリ…
あいゆう治療院
エイブル
とし接骨院
整体院TOYOHASHI


PAGE TOP