みんなで練習して、楽しく、元気よく。 愛着あるチームへ。

吉田方あとむ

吉田方あとむ

学年も男女関係なく、ごちゃまぜで一緒に練習しているバレーボールクラブ、吉田方あとむの取材に行った。
吉田方小学校や、吉田方中学校をメインに活動をしているチームだが、メンバーは吉田方以外の小学校からも多く来ている。一時はチームの存続も危ぶまれるくらいの人数になったときもあったが、最近では体験会などを積極的に取り組んでいた。その成果もあってか現在では、男子14名、女子15名までメンバーが増えた。
男子キャプテンの長谷川凛くんは、チームについて「明るくてどんな時もがむしゃらにできる仲間がいる。いろんなパターンの攻撃で点を取ることができるので、ここから出場する大会はすべて優勝したい」と意気込む。
女子キャプテンの丹羽千尋さんは「女子は点を取られても笑顔で盛り上げることができる。みんなでつないで、それぞれが考えてプレーできるチーム。キャプテンとして、みんなをまとめて、1月の大会では、2勝したい」と話してくれた。
このチームの指導に当たる勘解由さんは「元気よく声を出せるチームである。バレーを通して、礼儀や思いやり、感謝の気持ちを大切にできる人になってほしい。バレーに限らず、スポーツを楽しく続けてほしいが、それでもここから卒団した子が、指導者として戻ってきてくれるような愛着のあるチームを目指したい」と教えてくれた。

吉田方あとむ

関連記事