セントラル豊橋FC

本当の強さ、逞しさを追い求めて

セントラル豊橋FC

しなやかさや柔らかさ、そしてゆったりと構えたサッカーをすることなど、この年代でないと身につかないことをしっかりとやる。
この時期にしか獲得できないスキルをしっかりしておかないと大人のミニチュアみたいな形骸化したサッカーになりかねない。一人一人のスキルや情報収集能力を身につけないと、早い段階で限界を感じ、サッカーがつまらなくなってしまう。子どもたちの将来を考え、全国どこに行っても活躍できるように個人技主義のサッカーを指導している。そのため、練習は個人のパフォーマンスにじっくりと時間をかけてフォーカスしている。
ジュニアユース総監督の内藤さんは「普通にうまいだけではなく、戦う武器を練習からどんどん身に着けてほしい。ドリブルもパスもシュートもなんでもできるような選手になるために自分から挑戦し続けて、どんなハイプレッシャーにも巧みに対応して、観ている人をワクワクさせられる選手になってほしい」と話す。もちろん上のステージで活躍してほしいが、将来活躍するのはサッカーだけではない。「弱い立場の人や困っている人を助けられるような人、世の中の正義の味方になってほしい」といい、消防士や教員になっているOBも非常に多いそうだ。
ここ最近では、毎年のように全国の強豪校でチームの中心メンバーとして活躍する選手たちがセントラルから出ている。セントラルで育ったメンバーがどんどんとJリーグの舞台で活躍する日は、もうそんなに遠くないだろう。

セントラル豊橋FC

ティーズ

Goldexmobile

広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. アルテス東田FC
    アルテス東田FC今年でチーム設立21年目となる『アルテス東田FC』。取材に伺ったこの日は4名の6…
  2. 高師台クラブ
    FINS南部高師台クラブ「明るく、楽しく、元気よく」をモットーに活動する高師台クラブを取材し…
  3. F.C.豊橋デューミラン
    F.C.豊橋デューミラン日本代表の三浦弦太選手(ガンバ大阪)を始め白井康介選手(北海道コンサドー…
永井海苔
ティーズ
セブンイレブン
とし接骨院
FALCO


PAGE TOP