2017年豊橋市内小学校駅伝大会

花田小、中野小、
 つつじが丘小が優勝。

2017年
豊橋市内小学校駅伝大会

平成29年12月9日、豊橋総合スポーツ公園にて『2017年豊橋市内小学校駅伝大会』が開催された。
市内の52の小学校が参加し、男女混合リレーの部、女子の部、男子の部の3種目が行われた。当日は快晴だったものの、平均気温は5度。厳しい冷え込みの中、「豊橋ナンバーワン」の称号を懸け、熱戦が繰り広げられた。

男女混合リレーの部は、女子3人、男子3人が交互にタスキを繋ぎ優勝を争う。
どの学校も勢いよく飛び出し、第1走者は混戦状態のまま第2走者へ。展開が動き出したのは第2走者の中盤あたり。二川南小学校が3位から一気に1位へと躍り出る。二川南小は第3走者も快走を見せ、トップで第4走者へタスキを渡す。この区間で圧倒的な走りを見せたのは花田小学校。20秒以上差の4位でタスキを受けるとグングン追い上げ3人を追い抜き、1位で第5走者に繋いだ。花田小は、第4走者が作ったリードをしっかりと守り抜き、追い上げを図った二川南小を振り切り、優勝を果たした。

女子の部では、中野小学校が圧巻の走りを見せつける。
スタートでは少し出遅れたものの、4位でタスキを受けた第2走者がごぼう抜きの快走でトップに躍り出ると、第3走者、第4走者が後続をどんどん引き離し、第5走者がタスキを受ける際には、トラック半周以上の差をつける独走状態。中野小がそのままゴールテープを切り、圧倒的な強さを見せつけた。2位には安定した走りを見せた栄小学校が入った。

男子の部は序盤から激しい展開となる。
下地小学校がスタートダッシュを決め、混戦状態から一歩抜け出し第2走者にタスキを渡すが、つつじが丘小学校が5位からトップに躍り出る快走で第3走者へ。つつじが丘小がタスキ渡しでもたつくと、その間に下地小が再びトップに立つ。ミスを取り戻したいつつじが丘小は第3走者が意地の走り。瞬く間に下地小を抜き去り、さらに大きく差を広げていく。第3走者が走り終えた時点で、1位はつつじが丘小、2位は下地小。後続を大きく引き離したこの2チームに優勝は絞られた。下地小は第4走者が巻き返しを図り奮闘するが、攻めの走りを続けるつつじが丘小との差をなかなか縮めることができない。最終区の第5走者も攻め続けたつつじが丘小が独走状態となり「ゴール」。見事優勝を飾った。

2017年豊橋市内小学校駅伝大会

2017年豊橋市内小学校駅伝大会

2017年豊橋市内小学校駅伝大会

2017年豊橋市内小学校駅伝大会

三三九




広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 禎真館

    2018/7/27

    心を育む道場
    禎真館百畳あるという禎真館の道場は県下でも最大級。その広々とした道場で子どもたちが元気よく稽古に…
  2. 豊橋ソルチフットボールクラブ
    豊橋ソルチフットボールクラブ昨年、創立20周年を迎えた『豊橋ソルチフットボールクラブ』。地元…
  3. 牛川パイレーツ
    牛川パイレーツホームグランドの三菱ケミカル野球場を目一杯使い3チームに分かれて元気よく練習をして…
永井海苔
エイブル
夏目デザイン
ローズ調剤薬局
愛知トヨタ






PAGE TOP