三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス 若手のホープ、北原選手に独占インタビュー。

三遠ネオフェニックス今回は、三遠ネオフェニックスで2シーズン目を戦う若手のホープ、北原秀明選手の青春時代を取材した。
小学校時代の北原選手はスポーツが好きで、休み時間になるたびにグラウンドへ出て遊んでいたという。活発な小学校生活を送っていた北原選手がバスケと出会ったのは小学1年生のとき。クラブチームでバスケを始めたものの、通っていた小学校にバスケ部がなかったため、4年生で野球部に入部。小学校の時期は仲が良かった友達がみんな野球部に入っていたため、バスケよりも野球の方が好きだったそう。当時の将来の夢はプロ野球選手で巨人好き。高橋由伸選手が好きな選手だった。
転機は小学6年生のとき。クラブチームのメンバーが揃っていたこともあり、「今年は頑張るぞ」と意気込み、練習にも力を入れた。チームの方針もあってか、力がついてきて勝つことも多くなり、ここからバスケが楽しいと感じてどっぷりとハマっていった。しかし、楽しみを感じていたのも束の間、一転して中学時代は勝てないときも多かったそう。つらい時期も過ごしたが、そのときの思いが北原選手を奮い立たせ、強豪校に入学するきっかけともなった。強豪校から推薦で大学まで進学したものの、入学当初は周囲とのレベルの差を痛感し、プロは無理かと感じていたそう。しかし、大学時代の監督から「プロを目指せるだけの力があるから目指せ!」と言われ、厳しい指導が始まり、プロへの道を切り開いていった。
三遠ネオフェニックス子供たちへのアドバイスを伺うと「外で遊ぶことが多く、小さいときからからだを動かすことで、大人になってからもからだの使い方などに生きてくる。自分は勉強は苦手だったけど、小さいころから勉強をしていた方が視野が広がるし、大人になってからわからないことも少ない」と話してくれた。
また、自身のプレーとして「ディフェンスはもちろんですが、オフェンスのときの速攻から先頭を走って、速いトランジションでレイアップを決める様子だったり、アウトサイドからの3Pシュートだったりを見てほしい」とアピールポイントを教えてくれた。
最後に、北原選手から子供たちへメッセージ。「好きなことを見つけるのが一番。たくさん経験してもいいが、好きなことを見つけられれば、大人になっても頑張れる。好きなことを見つけてどっぷりと浸かってほしい」。
昨シーズンの悔しさをバネにレベルアップし活躍していく北原選手が楽しみだ。

三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス

広告募集
アイレクスNEO豊橋 フィットネス&スパ アイレクススポーツクラブ豊橋ミラまち+24
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. CITY FC TOYOHASHI
    CITY FCTOYOHASHIシティFCは昨年春に立ち上がった新生のサッカークラブ。現在は…
  2. FC.Gラッシュ
    FC.Gラッシュ少年サッカークラブ「FC.Gラッシュ」の練習試合へ。短時間での練習試合が、何試合…
  3. 高豊中学校 男子バレーボール部
    高豊中学校 男子バレーボール部今年のチームは経験者の3年生が3人と中学生からバレーボールを始めた…
トーリンホーム
三三九
プリントボーイ
FALCO


PAGE TOP