豊橋ソルチフットボールクラブ

考える力と
 テクニックを武器にする。

豊橋ソルチ
フットボールクラブ

昨年、創立20周年を迎えた『豊橋ソルチフットボールクラブ』。地元でも伝統あるサッカークラブだ。

立ち上げ当初から代表を務める杉浦富夫氏は、独特の指導方針を持つ。
「ハート、テクニック、インテリジェンス。この3つの要素を高めることがこの時期の子どもたちにとって最も重要だと考えます。そのため、勝敗にはほとんどこだわりません。だからウチはあまり勝てませんよ(笑)。体の大きな選手や足の速い選手だけを使えば、目先の勝利はモノにできるかもしれません。ただそれでは意味がない。サッカーは小・中学校のうちだけのものではない。この先のためにも、個々の基礎技術を高めることが重要だと考えます。子どもたちには、どの時期に伸びるかわからない大きな可能性がある。だから、上手い下手に関係なく、グランドで頑張った選手を優先して起用しています」

杉浦氏は全国に多くのサッカーネットワークがあり、プロが使用するピッチで試合をしたり、年に数回、遠征試合を行うなど、子どもたちに多くの経験をさせることも重視。また、テスト前になると勉強時間を設け、みんなで勉強をしてから練習に入ることもあるという。

「地域の大会で勝ち上がることよりも、少しでも多くの経験をさせて、最終的にはどこでプレーしても恥ずかしくない選手を育成したい」と杉浦氏。

指導にあたる清水敏光監督、白井幹人コーチも全く同じ考え。
この育成システムに憧れ、子どもたちが集まるチームなのだ。

豊橋ソルチフットボールクラブ

豊橋ソルチフットボールクラブ

永井海苔

桜丘中学校




広告募集
アイレクスNEO豊橋 フィットネス&スパ アイレクススポーツクラブ豊橋ミラまち+24
アイテックインターナショナル株式会社

アグリトリオ
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 高師台中学校柔道部
    高師台中学校柔道部平成31年1月28日、元気な声が響き渡る武道場に足を運んだ。運んだ先は高師…
  2. 吉田方あとむ
    吉田方あとむ『吉田方あとむ』。チーム名の由来は、鉄腕アトムが生まれた“2003年”にチームが結成…
  3. 豊橋聾学校 陸上部・卓球部・バレー部
    豊橋聾学校陸上部・卓球部・バレー部豊橋聾学校の部活動で目標に向かい頑張っている生徒たちの様子…
あいゆう治療院
からだコンディショニングラボ
夏目デザイン
ローズ調剤薬局
ファルコ





PAGE TOP