三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス  川嶋 勇人選手独占インタビュー。

三遠ネオフェニックス

Bリーグ「三遠ネオフェニックス」に所属しながらも、「OSAKA DIME」というチームにも所属し、3x3の世界でも活躍する川嶋勇人選手に取材した。
小学生の頃は、バスケ、水泳、陸上、ソフトボールを習い、習い事がない日もグランドで友達と野球をして過ごすなど、とても活発だった。足が速かったこともあり、陸上が一番好きだった。2つ上の兄の影響で始めたバスケだったが、始めたばかりの3年生の時はユニホームをもらえず悔しい思いをした。
しかし、4年生の時、一つのパスをきっかけにコーチに褒められた。もっと練習にこないかと誘われ、一気にバスケにはまっていった。「コーチは怖かったけど、それ以上にバスケをしているときは楽しかった」という。NBA選手になりたかった小学生時代は、シャキール・オニール選手に憧れ、自分のポジションではないが、よくセンターポジションで、ものまねをしていた。小中学生の同級生とは、今でも集まって子供のころの試合をビデオ観戦するという。前日の試合で高熱のまま試合に出場したせいで骨折をしてしまい、その試合は出場していないが、仲間たちのプレーやパフォーマンスが印象的な試合で何度も見ているそうだ。
自分らしいプレーを心掛ける中で、どうしてもうまくいかないときもある。そういったときは必ず、誰かのせいや、環境のせいにせず、自分に責任があると考えるようにしているという。自責こそが、次への成長に繋がっていて、今でもそういった気持ちをもってプレーしている。
子供のころ、専門的な知識やプレーの練習も必要だが、それ以上にとにかく楽しむことが重要だと川嶋選手は考える。「自分もバスケが好きで楽しくてここまで続けてくることができた。どれだけきつい練習があってもバスケや、自分のやっているスポーツを楽しんでほしい。子供のころは本当に楽しむことから上達すると思う」と話す。

三遠ネオフェニックス
そして川嶋選手のアピールポイントはオールマイティなプレースタイル。
「3Pが誰よりも入ったり、パワープレーでゴール下を制したり、どれかがめちゃくちゃできるわけではないが、しかしどんなプレーでもできる自信はある。今年のチームも例年通り仲のいいチーム。そこに勢いのある新メンバーも加わった。すごく面白いチームになっている」と新たなチーム状況も教えてくれた。今年も明るくチームを引っ張る川嶋選手に期待したい。

三遠ネオフェニックス

広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 硬式野球塾
    硬式野球塾豊橋中学校軟式野球連盟は、昨年より『硬式野球塾』を始めた。目的は、軟式野球から硬式…
  2. アテナ豊橋FSC
    アテナ豊橋FSCアテナ豊橋FSCは、本格的に活動を始めて10年目となるフィギュアスケートクラブ。…
  3. つつじが丘ジュニアマーチングバンド
    つつじが丘ジュニアマーチングバンド昨年は東海大会で金賞を獲得し、さいたまスーパーアリーナで開催さ…
トーリンホーム
からだコンディショニングラボ
夏目デザイン
プリントボーイ
ファルコ






PAGE TOP