羽根井ランパート

守備からリズムを作り、最後は気持ちで優勝をつかみ取る。

羽根井ランパート

今回の取材は少年野球チーム「羽根井ランパート」。前日から降った雨の影響でグラウンドの状態はあまりよくなかった。それでもできる場所で今できる練習をと、低学年から6年生までが楽しそうに取り組んでいた。
6年生チームの監督、小林さんは、チームとして、「時間を守りましょう」ということを常に伝えているという。グラウンドの中ではきびきびと走り、時間に余裕を持って行動する。早く来るだけではなく、練習前にしっかり準備する姿勢が将来、いろんなところで役に立つと考えている。
キャプテンの奥村俊哉くんは、「兄二人の影響で、小学校2年生から野球を始めた。守りから攻撃の流れをつくるのがランパートの野球。決勝などでよく当たる牛川パイレーツに勝って、優勝したい」と力強く話した。エースの羽田野翔大くんは、「桑田真澄投手のようなメンタルの強い選手になりたい。任された試合は投げ抜いて、優勝したい。金メダルを獲得して、代表の首にかけたい」と話し、ショートを守る河合一真くんは、「守備範囲の広さが持ち味。どんな打球でも処理し、バッティングではチャンスで打つことができるバッターになりたい」と話した。
今年の6年生は準決勝、決勝の常連チームとしてここまで戦ってきたが、あと一歩のところで悔しい思いをしてきた。「今度こそは」と次のチャンスは絶対に逃さないという気持ちで、チーム全員が一致している。小林監督も「エラーしても三振してもいいから、失敗を恐れず強い気持ちを持ってプレーしてほしい」と話す。

kidsDuo

広告募集
アイレクスNEO豊橋 フィットネス&スパ アイレクススポーツクラブ豊橋ミラまち+24
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 日本伝空手道 陪劭流 善行塾
    日本伝空手道 陪劭流善行塾90年の歴史を持つ空手流派である陪劭流は日本の柔法(古流柔術)に合…
  2. 二川バレーボールクラブ
    二川バレーボールクラブ長い自粛期間に試合も練習もできず子どもたちはバレーボールがしたくてうずうず…
  3. 日本拳法武藤会
    日本拳法武藤会藤ノ花女子高校日本拳法部のOB会で組織されている『武藤会』。会長を務めるのは、…
あいゆう治療院
エイブル
セブンイレブン
ローズ調剤薬局
FALCO





PAGE TOP