あいゆう治療院

熱血 おかぴー先生
 施術ルポ

[第3回]
バスケ少年の分離症

来院の理由

一週間前から腰が痛くなり病院へ。レントゲン、MRI、CTを撮影すると『腰椎分離症』が見つかり、「3ヶ月間の運動禁止」と告げられる。コルセットの装着も指示された。これから中学に上がり、バスケットボール部に入って頑張ろうかと言う矢先、お医者さんからの絶望的な診断。両親と「何とかならないか」と藁(わら)をも掴む思いでおかぴー先生を訪ねる。

施術

カウンセリングをしてから腰の曲がり具合をチェック。次に股関節の硬さを調べる。おかぴー先生は、すぐに春都くんのインナーマッスルの弱さを指摘。日常生活の中から徐々に原因を調べる。食生活・姿勢・ゆるい靴の愛用など、体に良くない生活習慣がいつくも見えてくる。そして、ある一箇所の皮膚を調整すると、前屈がスムーズにできるようになった。「甘い物を食べ過ぎている子は皮膚の状態が悪くなる」とおかぴー先生は言う。
学校でヨサコイ踊りのリーダーも務める春都くんは、痛みでヨサコイポーズができなかったが、施術後にはスムーズにできるようになり、両親も驚きを隠せない。

施術ルポ

おかぴー先生から

春都くんは、腰の痛みが出て1週間後に病院に行きましたが、「随分前から分離症があるね」と言われたそうです。この状況から「分離症=痛み」と考えました。分離症と言われ来院する子のほとんどが、インナーマッスルが低下しています。春都くんも例外ではありませんでした。分離症が痛みの原因の場合は安静が一番です。春都くんのパターンは積極的な施術が早期復帰に繋がりました。痛みで苦しむジュニアアスリートを一日でも早く、競技復帰できるようにこれからもサポートしていきます。

施術ルポを終えて

現場取材をしている中で、腰痛でスポーツができなかったり、満足なプレーができない子が多いことを、常々感じていました。そこで今回、おかぴー先生に「腰痛について何かできませんか」と打診した所、「分離症が非常に多いのでやってみましょう」と快く受け入れてくれました。確かに前回、オスグッドは改善しました。ただ、分離症が改善するかどうかについては、正直、半信半疑でした。しかし、結果はこの通り。「痛みの原因は自分が作っている」がおかぴー先生の口癖。春都くんの悪癖をひとつずつ見抜き施術し、春都くん自身もセルフケアをしっかり行ったことで、分離症が早期に改善したのだと思います。

あいゆう治療院

あいゆう治療院




広告募集
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎

ピックアップ記事

  1. 五並中学校 女子ハンドボール部
    五並中学校女子ハンドボール部3年生5人2年生6人の五並中学校女子ハンド部は、昨年夏に新チーム…
  2. 豊橋ソルチフットボールクラブ
    豊橋ソルチフットボールクラブ昨年、創立20周年を迎えた『豊橋ソルチフットボールクラブ』。地元…
  3. 豊橋聾学校 陸上部・卓球部・バレー部
    豊橋聾学校陸上部・卓球部・バレー部豊橋聾学校の部活動で目標に向かい頑張っている生徒たちの様子…
トーリンホーム
エイブル
夏目デザイン
プリントボーイ
整体院Toyohashi






PAGE TOP